HOME>特集>絵が描けるだけで就職にも有利になる教育機関

目次

年の差が気にならない

女の子イラスト

今や、イラストを学ぶ専門学校は幅広い年齢層で活気づいているといいます。漫画・アニメは世界共通の文化になりつつあり、さらに年代ごとに見てきたであろう漫画やアニメがあります。イラストという世界観にはジェネレーションギャップはありませんし、外国人も日本のアニメーションに関心を深めることができます。入学者を限定しないのも専門学校ならではです。

写真からの変遷

イラストレーターを目指すにしても独学より専門学校での学びが注目されています。それは就職に有利で、卒業までに仕上げた作品(受賞作を含む)を手に、企業に売り込むこともできますし、コネ(提携・連携)もあるからです。一口にイラストといっても、世界を視野に入れた音楽関連に就職も期待できます。いわゆるCDやアルバムのジャケット写真をイラストに差し替えるケースも増えているからです。イラストだけを見て手に取る消費者、それは書籍にもいえる内容です。好きな作家さんの表紙を描く、こうしたチャンスも掴める教育環境です。

プロ仕様の設備機器を使える

専門学校でイラストを本格的に学べることに注目度が集まる理由は、デジタルでイラストを描くことができたり、昔ながらの絵コンテという手書きもできるからです。今はPCが必須、簡単な略画ならばスマホやモバイルタブレットにタッチペンで描くことさえできます。そうしたツール、設備などは最新、最先端のものが導入されており、プロが使っていることからも物足りなさを感じない技術の習得が可能です。

広告募集中