漫画を描きたいのなら

勉強

現在、高校を探しているという方もいらっしゃるでしょう。高校では基本的に普通科や進学科、また専門性に優れた学科などがあります。そこで、その中でも高校ではマンガを描ける環境を手に入れたいと考える方がいらっしゃるのであれば、高校探しの中では、その環境が見つかる場所を志望校として考えていかれるといいでしょう。マンガ家を目指すのであれば、イラストなどを専門とした学科のある学校を目指すといいでしょう。その学校であれば、絵の基礎的な勉強から専門性の高い内容まで広く学んでいくことができます。もちろんマンガに関する知識について学ぶこともでき、選択授業として勉強できる場所も多くあります。またそのような専門的な高校が選択できないというのであれば、部活に力を入れている場所を探していかれるといいでしょう。例えば美術部の活動を見ていくといいでしょう。美術部では自身の目的とするものを自主的もしくは協力的に活動できます。部活という時間を利用していけば、静かな場所で集中して自分の画力向上に力を注ぐことができますので、マンガ家に近づいていくことができるようになるのではないでしょうか。本気で目指しているというのであれば、自分のペースで目指すよりも周りをがっちりと固めて、緊張感のある学校を選択して活動していく方が、人一倍の努力をしながら夢を追っていけるようになるでしょう。

経験や知識が得られる

ファッションイラスト

マンガを描くにしても、知識や技術がなければよい作品を生み出すことは難しいと言えるでしょう。またマンガの内容によっては豊富な知識が生きてくる場面もたくさんありますし、シーンの見せ方などを意識する必要もあります。特に読者の心に訴えかける部分では、マンガなどの知識を持つ方や、何度も作品を生み出している方のアドバイスなどが必要となります。マンガなどイラストやデザインを専門とした高校へ入学することができれば、学校の先生や先輩、また外部講師の方などから情報を得ることができます。また、プロのデザイナーや専門家の方と出会えるきっかけにもなり、職場体験などで現場を見ることができる可能性もあります。自分ひとりで行動するよりも効率よく絵の知識と技術を向上できますし、マンガなどを専門的に学べる高校であれば、高価な機材や資料が利用できたりと良い環境が揃っています。利用できるものをすべて利用していくことができれば、自分の能力を高く伸ばしていくことができるようになるでしょう。

広告募集中